寺院行事

○地蔵法要(毎年8月第3日曜)

毎年、8月の第4日曜日に圓慶寺境内にある地蔵菩薩の供養法要を子供会主体に行っています。 これは、地元の伝統行事として継続して勤めています。 地蔵菩薩は、この世におられる唯一の菩薩様で、特に子供の守り尊とされ、地元子供会において毎朝「おぶくさん」(お仏飯)の子供当番が、お給仕をしてくれています。地蔵法要の前日夕方に、子供たちは当日のお勤め「正信偈」の練習を行い、当日は10時から全員で読経し、上級生は調声人となって全員をリードします。 引き続いて、「命の法話」を聴聞し、音楽会やマジックショー等のアトラクションを楽しみ、参加のお菓子をいただき, 子供たちが地元懇志の方々にお礼に回ります。 目に見えないお守りに感謝する伝統行事ですし、子供たちに命の大切さを知らせる機会でもあるので、毎年大切に続けて参ります。

○報恩講

浄土真宗をお開きになった親鸞聖人の御命日法要で、浄土真宗で最も大切な法要です。 それは、親鸞聖人が阿弥陀仏の本願力回向によって往生成仏させていただけると教えてくださらなかったら、およそ成仏も目指さず、能力も修行もできない私達が、救われることがなくなってしまうからです。 私達が、何時でも何処にいても、阿弥陀仏の救いがお念仏となって「私」に至り届いていることを、特にこの報恩講で聴聞させていただきます。阿弥陀仏にお願いするのではなく、阿弥陀仏の方からお浄土に生まれてくれと願われているのですから、有難いばかりです。 また、当日は法要の前に、お非時(お斎)を出しますが、これは親鸞聖人のご苦労を偲び、椎茸(笠)、大根(雪の日の石枕)、人参(赤切れの血)等を調理し、役員さんに振舞っていただきます。 お勤めの後は、布教使のお話がありますので、この尊いご縁を大切に、毎年勤修させていただきますので、ご家族ともども参詣ください。


○彼岸会法要
毎年、9月秋分の日に近い日曜日午後に勤めています。 お彼岸は、太陽が真西に沈むことを契機として、阿弥陀如来の西方極楽浄土に向かって、ご先祖を偲び、お参りします。 仏説阿弥陀経では、「西の彼方、10万憶土を過ぎた所に世界あり、極楽と呼ぶ、そこに阿弥陀仏がおられ、今現在説法をされている」と説かれています。 我々人間が往生できるのは、この阿弥陀仏の極楽浄土しかありません。経典上は遠い世界に描かれる一方、阿弥陀仏の救いのハタラキは今ここにあるとされています。 それは、太陽は遠い存在で、地球までは暗闇ですが、いま私達に光が当たって輝いています。この光によって全ての命が光輝いています。 ご先祖を偲び供養する仏縁の中で、いま照らされていることに感謝ことが肝要です。 お経を勤修した後は、布教使の説法がありますので、是非ご聴聞ください。


○永代経
毎年、12月第一日曜日の午後に寺全体として先祖供養の永代経法要を勤修します。   当日は、ご縁の方々が本堂に集い、丁重に供養の読経を勤めます。   参詣の皆様には、全員焼香をしていただきます。   浄土真宗をお開きになった親鸞聖人は、歎異抄という書物の中で、ご自分の父母供養のために1回も念仏申したことがないと述懐されておられます。それは、直接の両親やご家族だけではなく、多くのご先祖の誰1人が欠けても、今の私は存在しませんから、全ての方を敬い弔い供養することが重要だという意味です。ご先祖の供養を通して、この尊いみ教えに「今」、私自身が出逢うことが参詣の意味でもあります。 先祖供養の読経に引き続き、布教使の聴聞のご縁もありますので、自分自身の問題としても是非ご参詣ください。


○円満会
毎月、第一日曜日の午後2時~3時半に本堂で行っています。お経の練習・お経の意味を解説し、ともに学び合う会です。(無料で、ご門徒に限らず、どなた様でも参加していただけます) お経は、お釈迦様が説かれた教えですが、なかなかそのままでは理解できませんので、丁寧に解説させていただきます。 また、普段の生活上での疑問や悩み相談も、フランクに話し合っていただくことで、自己中心の殻を仏様が取り除いてくださり、仏法に照らされ、心豊かな日暮らしをさせていただきましょう。 その意味で、主催者・参加者がともに学べる・喜べる機会となっています。 浄土真宗としましては、お聴聞が大切であり、聞くことが私の信心(安心)となり、救いとなりますから、どうかお気軽に参加してくださるよう、ご案内いたします。 いつでも参加をお待ちしています。

浄土真宗本願寺派圓慶寺(円慶寺)へようこそ
Copied title and URL